オンラインでのご相談にも対応しております。

DV夫から養育費と慰謝料の支払いを受け、調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・会社員)は、Y(30代・男性・会社員)から、身体を殴る蹴るなどのDV被害を受け、Yから逃れるために別居するに至りました。

Xさんは、Yと離婚や慰謝料などをきちんと取り決めたいと考えましたが、DV夫と直接交渉するのは精神的に困難と考えて、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

まずは、協議離婚を目指してYと交渉することとなりました。

しかし、Yは、Xさんとの離婚に様々な理由をつけて応じようとしませんでした。

そこで、協議離婚は難しいと考え、離婚調停を申し立てました。

しかし、Yは、調停の中でも離婚を拒否していました。

当事務所は、YにXさんとの復縁を断念させるため、調停内や期日間で、様々な方法により、XさんのYとの復縁の意思が全くないことをYに対して伝えていきました。

また、Xさんは、YのXさんに対するDVの証拠を持っていたため、調停が不成立となった場合は訴訟も辞さないという態度で、交渉を行いました。

活動の結果

その結果、Yは、Xさんとの復縁を諦め、早々に離婚を前提とした条件の話し合いに乗ってきました。

そして、離婚条件の話合いの中では、YのXさんに対するDV被害の証拠があったため、慰謝料についても相応の慰謝料の支払いを受け取ることができました。

解決のポイント

復縁を求める相手方を、諦めさせることは容易ではありません。

しかし、依頼者が所持している証拠や両当事者の取り巻く状況などを考慮し、様々な働きかけをすることによって、相手方の意思を翻意させることが可能です。

また、調停内で慰謝料請求をする際も、両当事者は訴訟を見据えて主張・反論を行うため、有力な証拠や証拠の利用方法が重要となります。

当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、依頼者が所持している証拠を可能な限り有効に利用し、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。