オンラインでのご相談にも対応しております。

多大な慰謝料・養育費を求める妻からの請求を退け、調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、Y(30代・女性・パート)から離婚調停を申し立てられ、その中で多大な慰謝料や養育費を請求されたため、離婚や慰謝料請求等をきちんと取り決めたいと考え、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

Xさんは、Yには既に代理人がいたため、ご自身も弁護士を代理人として立てようと考えていました。しかし、Yからの請求は、相場からかけ離れたものであり、到底認められるようなものではなく、また、争点も少なかったことから、弁護士による法的アドバイスでも十分に解決できる事案と考えました。Xさんは上記理由に加えて経済的負担も考えて、代理人を立てるのではなく、当事務所に相談しながら、ご自身で調停離婚に望むこととなりました。

当事務所は、調停の進行やYの請求に対してどのような主張すべきかなど、調停におけるアドバイスを行いました。

活動の結果

その結果、Yは、当初求めていた多大な慰謝料や養育費の請求を諦めました。Xさんは、Yの主張の問題点を指摘し、Yの主張を退けて、離婚調停をすることができました。Xさんは、当初、Yに代理人がついていたこともあり、不安になっていましたが、無事、納得のゆく調停離婚ができたことについて、大変喜ばれておられました。

解決のポイント

離婚する際、交渉をご自身でされるのか、代理人を立てるかで悩むこともあるかもしれません。そのような場合、ご自身が置かれた状況から、どのような方法が最も良いのかを、一度、弁護士に相談することが大切です。当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、そもそも弁護士のアドバイスのみで対応できるものなのか、代理人を立てないと困難なものなのかを見極めて、依頼者の方に最良の方法をご提案することができます。その結果、弁護士による法的アドバイスにより、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。