現在,新型コロナ対策として,オンラインでの相談に対応しております。

妻が不貞したと思い込む夫を説得し,慰謝料を減額して調停離婚できた解決事例

妻が不貞したと思い込む夫を説得し,慰謝料を減額して調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・女性・会社員)は異性とメールをしていたことから,Y(20代・男性・自営業)に不貞を疑われ,離婚と慰謝料を請求されました。Xさんはご家族を交えてYと話し合いをしましたが,Yは不貞を疑って止まず,埒が明かない状態でした。Xさんは悩みましたが,ご自身でYを説得できそうになかったため,ご両親の勧めもあり弁護士に相談することにしました。Xさんは最初に他の事務所で相談をしましたが,対応がいまいちだと感じたため,離婚問題に力を入れている当事務所を訪れました。Xさんは当事務所の相談に満足され,その日のうちにご依頼をされました。

当事務所の活動

当事務所は,Yに不貞の証拠の提示を求め,裁判例を示すなどして説得を試みました。しかし,YはXさんの代理人である当事務所を「敵」と決めつけ全く聞く耳を持たず,頑なにXさんの不貞を主張し続けました。そこで,当事務所は,早期に調停を起こし公正中立な立場にある裁判所からの説得を試みるべきと判断し,調停を申し立てました。

当事務所の活動の結果

裁判所からの説得を受けて,Yの主張はトーンダウンしました。また,Yは調停に出席するために仕事を毎回休むことはできないと言い,早期解決を希望しました。当事務所はこれを踏まえて慰謝料の減額を求め,結果,第2回目の期日で条件について大筋合意し,第3回目の期日で調停成立することができました。

解決のポイント

相手方によっては,調停を起こしたほうが効果的な場合があります。当事務所は離婚事件に関する豊富なノウハウに照らし,過去の解決事例から,相手方に合わせた効果的な事件処理を提案することが可能です。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず,お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255