子育てと仕事に専念しながら不倫した夫から慰謝料、財産分与を取得し、協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・女性・会社員)は、Y(20代・男性・会社員)の不倫を理由に離婚を決意しましたが、慰謝料等をきちんと支払ってもらいたいと考え、当事務所を訪れました。当初、Xさんご自身で交渉をしていましたが、次第にご自身でYと交渉することがストレスとなり、多大な負担となるとのことでした。Xさんは、Yの不倫に対して相当な怒りを抱いており、Xさんの希望する金額の慰謝料でなければ、納得することができませんでした。

当事務所の活動

Xさんの希望する慰謝料の金額は、相場より高く、Yもインターネットなどにより相場の金額を調べていたため、交渉の方法を工夫する必要がありました。そこで、本件特有のYに関する諸事情に着目し、Xさんの希望する慰謝料や財産分与に関する条件でなければ離婚をしないと強気な交渉をしました。

活動の結果

その結果、Yは、慰謝料と財産分与について、Xさんの希望通りの条件で応じてきました。養育費やその他の条件についても、ほぼXさんの希望する条件で離婚協議書を取り交わすことができました。また、Xさんは、協議中、弁護士が矢面に立つため、XさんがYと直接やりとりすることはなく、ストレスを感じずに子育てと仕事に専念して過ごせたと大変喜ばれておられました。

解決のポイント

相手方の態度等から強気な交渉ができるかどうかを判断することは、交渉を有利に進める上で、大事なことです。相手方が離婚を急ぐようであれば、こちらに有利な条件を提案することも可能です。当事務所は、数多くの離婚事件を扱っているため、離婚に関する豊富なノウハウを駆使し、交渉を有利に進めていく材料を見つけ出すことができます。個別具体的な事情に応じて交渉方法を工夫することで、依頼者に有利な離婚協議書を取り交わすという、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。