妻から不貞を疑われたものの、相当額の解決金を支払って調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・男性・会社員)は、妻Y(50代・女性・パート)との結婚生活に嫌気が差し、一時的に別居をしていましたが、Yは、Xさんが不貞をしたとして離婚の調停を起こしました。Xさんは、離婚の調停を起こされてどうしたらよいのか分からず相談に来られました。

 

当事務所の活動

当事務所は、Xさんのご希望が早期解決であることを確認したため、相当額の解決金を支払って調停の早期成立を目指すとの方針で調停に臨みました。

 

当事務所の活動の結果

その結果、解決金100万円を支払うことで早期に調停を成立させることができました。

解決のポイント

Xさんが有責配偶者とされるおそれがあり、交渉が難航することが予測されました。当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、解決金の額に絞って交渉をしたことで、早期の調停成立にこぎつけることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。