夫婦とも不倫。夫からの慰謝料請求を阻止しつつ、協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・女性・会社員)は、夫であるY(40代・男性・会社員)の不倫について、知人に相談しているうちに、ご自身もその知人と不倫をしてしまいました。Xさんの不倫がYに発覚し、お互いに離婚を前提に話し合いましたが、親権や慰謝料などで折り合いがつかず、ご自身では対応できなくなり、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、YがXさんの不倫の証拠を持っており、XさんがYの不倫の有力な証拠を持っていなかったため、訴訟とはせずに協議離婚することを目指しました。
また、Xさんは、子ども達を十分に養育するのは経済的に困難であったため、親権をYに譲り、子ども達との面会交流を充実させることを目指しました。
そこで、Yに慰謝料請求を断念させるような交渉により、お互いが慰謝料請求をしないという方針をとりました。また、面会交流について、子ども達が自由にXさんと面会交流できるようにするという方針をとりました。

当事務所の活動の結果

その結果、Yは慰謝料請求を断念しました。面会交流については、子ども達の自由な意思に基づいて実施をするという条件に応じてもらえました。これにより、子ども達は、Xさんに会いたい時に会い、また、自由に宿泊することができるようになりました。
また、Xさんは、協議中、弁護士が代理することにより、Yと直接やりとりすることはなく、ストレスを感じず過ごせたと大変喜ばれておられました。

解決のポイント

訴訟では、自分に有利なことを主張する際、証拠がなければ認められない場合があります。協議段階で訴訟となった場合のことを見据えておくことは、交渉をするにあたって必要なことです。
当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、依頼者にもっとも最善な解決策を実現するための方法を検討し、依頼者の置かれた状況下において最も有効な方法で交渉をすることで、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。