600万円以上の解決金を受け取り調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(●代・女性・専門職)は、Y(●代・男性・会社員)が他の女性と遊んでいたことやYからモラハラ(モラル・ハラスメント)を受けたことから、離婚したいと考えましたが、ご自身だけでは心配が大きく、ご親族とともに、当事務所に相談に来られました。

当事務所の活動

Yは、Xさんに復縁を求めていましたが、Xさんは復縁をするつもりがないと伝えていました。そうしたところ、Yから離婚の調停を申し立てられました。当事務所としては、Xさんは高額の婚姻費用を受け取っていましたので有利な交渉ができると考えておりました。そこで、Xさんの求めるY名義のマンションの分与高額の慰謝料を求めることにしました。

当事務所の活動の結果

マンションの分与や高額の慰謝料の支払いを求めて強気の交渉をした結果、相手方から600万円以上の解決金を取得して調停を成立させることができました。

解決のポイント

Xさんが離婚に応じなければ、離婚が成立するまでの間、Y名義のマンションに住み続け、高額の婚姻費用を求めることが可能な状態であったため、強気の交渉をしていくことができました。当事務所では、数多くの離婚事件を扱っているため、交渉を有利に進めていく材料を見つけ出し、強気な交渉をしていくことが可能です。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。