DV・不倫で提訴された夫が、養育費、慰謝料を減額して妻と和解離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、Y(20代・女性・主婦)と別居後、離婚調停を申し立てたところ、離婚を拒まれ、調停不成立となりましたが、その後、YからDVと不貞(不倫)を理由として離婚訴訟を起こされ、多額の養育費、慰謝料を請求されたことから、とても自分では裁判の対応はできないと考え、当事務所にご依頼されました

当事務所の活動

当事務所は、不貞についてはともかく、DVはないとして、詳細な主張立証を行い、慰謝料額を争いました。また、養育費の額についても争いました。

当事務所の活動の結果

その結果、養育費、慰謝料とも大幅カットするとともに、FPIC(公益社団法人家庭問題情報センター)を利用してのお子さんとの面会交流を盛り込んで、和解離婚を成立させることができました。

解決のポイント

Xさんは、当初、有責配偶者として扱われ、劣勢でした。しかし、当事務所は、XさんによるDVに関するYの主張が薄弱であることに着目し、その点を徹底追及した結果、攻勢に転じ、養育費、慰謝料を大幅カットするとともに、お子さんとの面会交流を盛り込んで、和解離婚することができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。