オンラインでのご相談にも対応しております。

離婚協議をバックアップし、妻から請求された不貞慰謝料を半額にして早期に協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・男性・会社員)は、妻であるY(20代・女性・無職)が家事を行わないことや自身の仕事内容等に関するストレスから精神的に弱ってしまい、知人女性と肉体関係を持ってしまいました。

その後、Xさんが不倫していたことがYに発覚し、Xさんは、これまでの経緯からYとの婚姻関係を維持するのは困難と考え、協議離婚に向けた相談をするため当事務所を訪れました。

当事務所の活動

Xさんからの相談をお受けした際、Xさんがご自身でYとの協議を行う意向をお持ちであったため、

XさんがYに支払うべき慰謝料の金額の適正な相場や、協議を行う上での心構え等をお伝えして協議に臨んでいただきました。

その後の協議の中で、Yが提示した慰謝料の金額が相場の金額との間に大きな隔たりがあったことから、

Xさんに対し、適正な相場額から多少増額した金額を一括払いすることを提案したらどうかなどと紛争の長期化を避けつつも協議内容がXさんにとって有利に運ぶようアドバイスをしました。

当事者同士の数度の話し合いを経て協議離婚の条件がある程度まとまったので、当事務所が離婚協議書を作成することになりましたが、今後想定される法的トラブルについて十分協議ができていない部分があったため、

トラブル回避のために取り決めておくべき事柄をXさんと確認しながら離婚協議書を作成していきました。

活動の結果

その結果、当初Yが提示していた金額の半分にまで慰謝料の金額を減額させることができ、養育費の支払金額についてもXさんに有利な金額となりました。

また、今後のトラブルを回避するために取り決めておくべき事柄をきちんと離婚協議書に盛り込むことができました。

解決のポイント

夫婦で話がまとまらなければ、弁護士の交渉代理が有用ですが、夫婦で話がまとまる場合でも、後日のトラブルを防ぐため離婚協議書を弁護士に作成してもらうことをお勧めします。

この点、当事務所は、離婚協議書に関する豊富なノウハウに照らし、離婚後にトラブルとならないように適切なアドバイスをして、依頼者の希望する離婚協議書を作成するという結果を得ることが期待できます。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。