多種多様な財産についてきちんと取り決めをして離婚協議書を作成し、不倫夫と、協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・女性・会社員)は、Y(50代・男性・会社員)の不倫により、Yとの婚姻関係を維持するのは困難と考え、離婚を考えるようになりました。

Xさんは、Yと離婚協議書を作成しましたが、財産分与の対象となる財産が多数あるため、法的に問題があるか不安になり、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所が、XさんがYとの間で作成した離婚協議書を確認したところ、取り決めておくべき事項について取り決めをしていませんでした。

また、財産分与については、きちんと取り決めがなされておらず、今後、トラブルとなる可能性が高いものでした。

そこで、当事務所は、XさんがYと離婚をするにあたり、取り決めておくべき事柄を確認し、Yと右事項について取り決めるようにアドバイスしました。

また、財産分与については、対象財産も多く複雑であったため、1つ1つどのように処理するかを確認しながら、離婚協議書を作成していきました。

活動の結果

その結果、Xさんが取り決めておくべき事柄については、 きちんと離婚協議書に盛り込むことができました。

また、多く複雑であった財産分与の処理については、法的に問題がある部分は修正され、離婚後にトラブルとならないような離婚協議書を作成することができました。

さらに、Xさんは、Yの養育費や慰謝料の支払いを確保するため、公正証書を作成することになりました。

解決のポイント

離婚協議書とは、夫婦の間で合意をした、離婚の条件に関する取り決めが記載された書面です。

離婚する際、離婚協議書を作成することは、離婚後のトラブルを回避するために必要不可欠です。

当事務所は、離婚協議書に関する豊富なノウハウに照らし、離婚後にトラブルとならないように適切なアドバイスをして、依頼者の希望する離婚協議書を作成するという結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。