不貞した夫から親権を取り十分な慰謝料や財産分与を確保して調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・女性・会社員)は、Y(40代・男性・会社員)の不貞を疑い、探偵事務所に調査を依頼したところ、Yが女性と不貞を行っていることが発覚したため、Yと離婚することを決意し、子どもを連れて別居しましたが、その後離婚について話し合いが進まず、Yが弁護士に依頼するなどと言ってきたため、これ以上ご自身で話し合いをすることはできないと思い、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、YがXさんとの話し合いの段階で子どもの親権を強く主張しているということであったため、当事務所が依頼を受けたあと、協議離婚に向けた話し合いをしたとしても、Yが親権を譲らないことにより協議は進まないと判断し、親権については、家庭裁判所調査官による調査をしてもらうことが解決につながると考え、受任後ただちに調停を申し立てました。

また、調停手続きの中で、親権の主張のほか、慰謝料や財産分与についても丁寧に主張を行いました。

当事務所の活動の結果

調停手続きの中で、家庭裁判所調査官による調査を行ってもらい、その結果、子どもの親権者をXさんとしたうえで調停離婚することができました。

また、Yの不貞による慰謝料や自宅の精算を含めた財産分与において、Xさんは十分な金額を確保することができました。

さらに、Xさんは、調停の対応を弁護士と相談しながら進めることができたことにより、精神的な負担を軽減することができ、お仕事と子育てに専念し、安心して日常生活を送ることができました。

解決のポイント

相手方が子どもの親権を主張してきた場合には、子どもの親権を取ることができないのではないかと大変不安になることかと思われます。

親権争いとなった場合には、きちんとした主張を行う必要があります。

当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、依頼者を親権者としたうえで、十分な財産分与や慰謝料を確保して調停離婚を成立させるという結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。