オンラインでのご相談にも対応しております。

長年のモラハラ被害から脱し、2000万円もの財産分与を受け調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代、女性、会社員)は、Y(40代、男性、会社員)と結婚し、子を1人もうけましたが、結婚当初から、Yのモラハラを受け続け、当初は自分が悪いと我慢してきましたが、数年前に、ようやく自分が悪いのではないと気づき、このたびお子さんも大学生になったため、離婚を決意しましたが、自分でモラハラ夫と交渉するのは困難と考え、当事務所を訪れました。
Xさんが希望するのは、財産分与をきちんとしてもらいたいという点でした。

当事務所の活動

当事務所は、Xさんの別居からXさんをフォローし、Yを呼び出して交渉しましたが、当初、Yは、Xの別居・離婚申入れが突然であった、子のことが心配などと言い、離婚に応じようとしませんでした。
当事務所が説得を続けたところ、次第に離婚を前提として財産分与の額が争点となりました。
Yは、結婚当初からお金を持っていた、Yの親から贈与を受けたなどと特有財産の存在を主張し、財産分与の減額を主張しつつも、それを十分立証するものはありませんでしたが、それでも譲歩しようとしませんでした。
ただ、当事務所は、交渉の中で、Yが離婚自体は積極的に争っていないこと、世間体や仕事を気にして訴訟を嫌っていることを見逃さず、離婚調停を申し立て、調停において、訴訟も辞さないと交渉しました。

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、2000万円の財産分与を受けて調停離婚することができました。

解決のポイント

一見はっきりした原因がない場合でも、交渉のポイントをつかみ、上手に戦うと、しかるべき条件で離婚することができます。
当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、本件において、交渉のポイントをしっかりつかみ、高額な財産分与を受けて離婚することに成功しました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。