調停で依頼者の主張をサポートし、妻の主張を退けて調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・男性・会社員)は、Y(20代・女性・無職)から離婚調停を申し立てられ、高額な財産分与の主張などYが不当な要求をしてくることが考えられたので、ご自身だけで調停に臨むことに不安があったことから、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

Xさんは、Yのこれまでの子育ての様子から、Yを親権者とすることに不安があり、自分が親権者となりたいと考えていたため、当事務所は、Xが親権者となるよう、その主張をサポートしました。また、Yは、自分に都合のいいように財産分与の金額を主張してきたため、当事務所は、財産分与の資料をきちんと提出して、こちらの主張が正しいことを示すなど、Xさんのために活動しました。

当事務所の活動の結果

Xさんは、調停でのやりとりのなかで、Yがきちんと子育てをするということが確認できたので、親権者はYとすることに合意しました。財産分与については、提出した資料等でYの主張は通らないとYを説得し、Xにしかるべき形で取り決めをし、調停離婚することができました。

解決のポイント

調停に一人で臨むことは、緊張もし、言いたいことが言えないのではないかと、不安が多いことかと思います。当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、調停の場で依頼者をサポートし、主張すべきことを的確に主張しつつ、調停離婚を成立させるという、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。