現在,新型コロナ対策として,オンラインでの相談に対応しております。

不倫妻とその不倫相手から慰謝料を取ることができた解決事例

不倫をした妻とその不倫相手から慰謝料を取ることができた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・自営)は,妻であるY(30代・女性・無職)と結婚して子ども4人をもうけましたが,Yの日記を見てYがZ(30代・男性・会社員)と不倫していることを知り,今後どのように対応すべきか専門家に相談しようと,当事務所に相談に来られました。

Xさんのご希望は,Yとの離婚と,Y・Zからそれぞれ慰謝料を取ることでした。

Xさんは,すでにYの印鑑を押した離婚届を預かっていました。

当事務所の活動

当事務所は,まず,Xさんに離婚届を役所に提出してもらいました。

そのうえで,当事務所は,Yのメールや日記等を不倫の証拠として,Y・Zとすぐに交渉を始めました。

しかし,Zはしばらくして電話に出なくなり,Yは弁護士をつけて財産がないと支払いを渋ってきました。

そこで当事務所は,まずZを相手取って裁判を起こし,また,Yの弁護士と交渉しました。

当事務所の活動の結果

Zとの裁判では,早い段階で裁判官から和解勧告をもらい,Zから慰謝料を取ることができました。

また,交渉により,Yからも慰謝料を取ることができました。

Xさんは,子ども4人の将来を考えると複雑な心境ではありますが,YとZから相応の償いを受けたことで,気持ちの整理がついたご様子でした。

解決のポイント

相手方の署名押印済みの離婚届を預かっている場合,提出していいものかどうか悩む方が多いようです。
下手に離婚届を提出すると,相手方から離婚無効の調停を申し立てられる場合があります。

当事務所は,離婚案件の豊富なノウハウに照らし,本件はます離婚届を提出するのが得策と判断し,Xさんにまず協議離婚していただきました。

そのうえで,Y,Zから,離婚という結果を踏まえた慰謝料を取ることができました。

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず,お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255