ご相談

Xさん(20代・女性・会社員)は,夫であるY(20代・男性・会社員)の不倫により夫婦関係が悪くなり,Yから家を追い出されて別居するに至りました。Xさんは,Yと離婚したいと考え,ご自身で離婚調停を申立てましたが,Yが離婚を拒み続けていたため,離婚をすることができるか不安になり,当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は,Yが離婚に応じないことから,YにXさんとの復縁を断念させるため,期日内や期日間で,多様な手段により,XさんのYとの復縁の意思が全くないことをYに対して伝えていきました。
また,Xさんは,Yに対し,不貞慰謝料を請求したいと考えていましたが,決定的な証拠に乏しく,相手方が不貞の事実を争う限り,慰謝料を取り辛い状況でした。そこで,XさんがYに対して財産分与として金銭を支払う側になっていたため,Xさんが不貞慰謝料を請求しない代わりに,Yが財産分与を請求しないとの交渉を行いました。

活動の結果

その結果,Yは,Xさんとの復縁を諦め,離婚を前提とした条件の話し合いに乗ってきました。また,Yは,Xさんに対し,財産分与について請求しないこととなりました。
Xさんは,交渉中,弁護士が代理することにより,安心して育児などに専念することができ,大変喜ばれておられました。

解決のポイント

復縁を求める相手方を,諦めさせることは容易ではありません。しかし,相手方やその関係者に対し,様々な働きかけをすることによって,相手方の意思を翻意させることが期待できます。
また,証拠が乏しい中で自分が主張する請求について,固執するあまり,かえって不利になる場合があるため,他の離婚条件との兼ね合いなども考慮し,総合的に考えていくことが大切です。
当事務所は,離婚に関する豊富なノウハウに照らし,依頼者ができることを可能な限り有効に利用し,相手方の意思を翻意させるなど,依頼者の希望する結果を得ることができました。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い