現在,新型コロナ対策として,オンラインでの相談に対応しております。

妻からの多大な養育費・慰謝料の請求を阻止し,交渉の末,協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は,Y(30代・女性・会社員)との離婚を希望していましたが,Yが離婚にはなかなか応じず,また,多大な養育費や慰謝料を求めてきました。

Xさんは,Yと離婚することが出来ないのではないかと不安になり,ご自身では手に負えないと考え,当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当初,Yは,Yが提示する離婚条件について応じない限り,Xさんとの離婚には応じないという意向でした。

しかし,Yが提示する条件はあまりにもXさんに不利な条件であったため,到底応じることはできませんでした。

また,Xさん側の弁護士ということで,敵対心を持っていたため,Xさんが提示する条件については全く聞く耳を持たない状況でした。

そこで,まずはYの敵対心を解くため,Yの言い分を丁寧に聞き,何に不満があるのかを確認することとしました。

活動の結果

その結果,Yの敵対心が薄れ,また,Yが本音を告げるようになったため,Yの真意を汲み取ることができました。

Yは,いくつかの誤解をしていたことから,それを1つずつ解消することによって,養育費や慰謝料について,相応の額に譲歩させることができました。

Xさんは,協議中,弁護士が代理することにより,Yと直接やりとりすることはなく,ストレスを感じず過ごせたと喜ばれておられました。

解決のポイント

離婚する際,本人同士は感情的対立が激しく,相手方が相場以上の額の養育費や慰謝料の要求をすることが少なくありません。

しかし,その際,相手方も過大な要求であることを理解しており,また,誤解をしていることが多々あります。

その場合,様々な方法を用いて,過大な要求を諦めていただくことが重要となります。

当事務所は,離婚に関する豊富なノウハウに照らし,交渉方法を工夫することで過大な要求を抑え離婚協議書を取り交わすことができ,依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず,お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255