親権を取って不倫妻と協議離婚。前妻から慰謝料と養育費、不倫相手から慰謝料を取ることができた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、妻Y(30代・女性・パート)から性病をうつされたことがきっかけで、Yが複数の男性と交際しているのを知り、Yとの離婚や男性達に対する慰謝料請求を使用と考えました。

ただ、Yと不倫した男性の素性は、その時点でははっきりしておらず、ご自身では手詰まりとなったため、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

Xさんは、当事務所のアドバイスに従い、まず子らの親権を取って妻と離婚しました。

また、当事務所は、Yとの不倫が確実な男性Z(30代・男性・会社員)についてメールアドレスから住所を突き止めました。

その上で、Y・Zの弁護士と交渉しました。

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、Yから相当額の慰謝料と養育費を、Zから相当額の慰謝料を取ることができました。

解決のポイント

男性が子どもの親権を取って離婚し、慰謝料を取る――これらをスムーズに行うにはコツがあります。

当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、Xさんが親権を取って離婚し、慰謝料を取る手助けをすることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。