ダブル不倫――開き直る妻の不倫相手から相当額の慰謝料を取れた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、妻の不審な行動から、妻が配偶者のいる男性Y(30代・男性・会社経営者)と不倫していることを知り、妻との関係は破綻寸前となったことから、Yのことは許せず、金額はともかく慰謝料を取りたいと考えました。しかし、Yは妻が独り身だと思ったなどと言い訳をして責任を認めなかったため、どのようにすれば良いか途方に暮れて当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、Yを呼び出し、交渉しましたが、不貞は自分が原因ではないなどと、なおも開き直り、弁護士を付けて低額の和解を提案してきました。

途中、Xさんの気持ちが揺れ動く場面がありましたが、その間にY夫婦は離婚してしまったことから、Xさんの妻がYの妻から離婚前提の多額の慰謝料請求をされるおそれが生じました

当事務所の結果

そこで、当事務所は、当初の請求額に比べれば少額ではあるものの、最終的にYの妻から請求を受けても損はしないような形で和解条項を練り上げ、Y側と和解することとしました。

解決のポイント

ダブル不倫の場合は、4社間の法律関係が問題となり、たんに不貞相手から慰謝料を取ればよいという簡単な話ではなくなります。
当事務所は、不貞慰謝料請求に関する豊富なノウハウに照らし、さまざまな場合を考慮して、現時点で実現できる最善の条件にて和解することができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。