支払を拒む妻の不倫相手から慰謝料を取ることができた解決事例

ご相談

Xさん(40代・男性・会社員)は、妻Y(40代・女性・無職)がZ(30代・男性・会社員)と不倫していることに気付いて離婚し、Zに対し慰謝料を支払ってほしいと考えましたが、お仕事柄、ご自身での対応が難しいことから、当事務所を訪れました。

Xさんは、Yの不倫にショックを受け、Zに償ってほしいと考えておられました。

当事務所の活動

Zは、Yから夫婦関係が破綻していると聞いていたとして、かたくなに大幅な減額を求め、交渉が困難な状況でした。

そこで、当事務所は、YとZのメール、Yの陳述書などの証拠を固めた上で訴訟を提起しました。

当事務所の活動の結果

その結果、Zの当初提示額よりも大幅に高い金額にて和解を成立させることができました。

解決のポイント

不貞慰謝料の訴訟を提起するためには、被告が不貞を否認する場合に備え、不貞の証拠を固めておく必要があります。

当事務所は、不貞慰謝料に関する豊富なノウハウを有していますので、不貞の証拠固めについてしっかりアドバイスが可能です。

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。