婚約破棄による高額の損害賠償請求を阻止した解決事例

ご相談

Xさん(20代・女性・会社員)は,Y(30代・男性・会社員)と婚約をして結婚の準備をしていましたが,Yの執拗な嫉妬に悩まされて,婚約を解消せざるを得ない状況に追いやられました。

その後,Yから婚約破棄による慰謝料と結婚準備に費やした費用を請求する内容証明を送られたため,Xさんは,ご自身では対応が難しいと考え、勇気を出して、当事務所を訪れました。

Xさんは,Yから暴力を振るわれたこともあり,婚約解消についてはYに責任があるため,Yの高額の請求に応じることはできないと考えておられました。

当事務所の活動

本件において,YはXさんに非があると主張して訴訟提起したため,当事務所は,婚約の解消には正当な理由があることを詳細に主張立証するとともに,むしろYの責任で婚約解消に追いやられたとして慰謝料と婚約解消に伴う費用の損害賠償を請求する反訴を提起しました。

当事務所の活動の結果

その結果,婚約解消がXさんの責任とはいえないことを前提とする和解を成立させ、Yの請求を阻止することができました。

解決のポイント

当事務所は、慰謝料訴訟に関する豊富なノウハウに照らし、婚約解消の正当性を主張立証した結果、良い結果が得られました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。