モラハラ夫と養育費や不動産の処理をしっかり取り決めて調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・会社員)は、Y(30代・男性・会社員)のモラハラに苦しみ、Yと離婚したいと考え、当事者同士で離婚の話し合いをしましたが、養育費の金額面会交流の頻度不動産をどのように処理するのかなど、条件について折り合いがなかなかつかず、話し合いが一向に進まなかったため、ご自身同士の話し合いでは条件がきまらずいつまでたっても離婚できないのではないかと不安になり、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、Yとの交渉を開始するにあたり、これまでのXさんとYとの話し合いの内容をふまえ、ただちに離婚協議書案を作成しました。Yも弁護士に依頼したことから、Yの弁護士と交渉を重ねましたが、Yは、養育費の金額を低く主張するなどし、条件が折り合わず、Yは離婚調停を申し立てたため、当事務所は、婚姻費用の調停を申し立てました。
調停の中で、当事務所は、保育園料など、養育費が相場以上にかかることを丁寧に主張するなどしました。また、不動産の処理についても、Xさんにできる限り有利となるよう主張しました。

当事務所の活動の結果

その結果養育費については、相場の金額よりも高い金額を取り決め、不動産の処理についても、当事務所が金融機関ともやりとりをしながら、トラブルの無いようきちんとした条項にしたうえで調停離婚することができました。また、Xさんは、モラハラ夫と直接やりとりをする必要がなく、安心してお仕事と子育てに専念することができました

解決のポイント

モラハラ夫とご自身で話し合いをしようとしても、言葉巧みに言いくるめられるなどして、希望する条件に全く応じてもらえないおそれがあります。婚姻生活でモラハラに苦しめさせられた挙句、離婚に際しても希望する条件に全く応じてもらえないというのは大変お辛いことだと思います。当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、条件の交渉をしっかりしたうえでモラハラ夫と調停離婚を成立させることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。