現在,新型コロナ対策として,オンラインでの相談に対応しております。

不倫を続ける夫の不倫相手から慰謝料をとり,夫も交えて関係解消を約束させた解決事例

不倫を続ける夫の不倫相手から慰謝料をとり,夫も交えて関係解消を約束させた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・会社員)は夫Yの携帯を見て,Yが同じ職場のZ(20代・女性・会社員)と不貞していることを知りました。XさんがZに対し,関係解消を求めたところ,Zは関係解消を約束しましたが,その数か月後,YZの関係がまだ続いていることが発覚しました。Xさんは,お子さんの事を考えて,Yとは離婚はしたくないと考えていましたが,これ以上自分ではどうすることもできないと思い,勇気を出して当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所がZと交渉したところ,Zは,Yも含めた三者間で合意書を取り交わすことを条件に慰謝料の支払いに応じると言いました。当事務所は,Yを交えた合意書作成によってXY間の夫婦関係が悪くなる可能性があると危惧しましたが,Xさんと慎重に検討した結果,Yの反省している様子からみてその心配はないと判断し,Zの提案に応じることにしました。

当事務所の結果

結果,Xさんは,Zから慰謝料をとるとともに,YZの接触禁止とそれに違反した場合にはYZがそれぞれXさんに違約金を支払うという内容の合意書を交わすことができました。Xさんは,当事務所に依頼されるまでずっと1人でお悩みでしたが,当事務所に依頼してからは気持ちが軽くなったとのことで,「依頼してよかった」とお喜びの様子でした。

解決のポイント

配偶者の不貞発覚後も婚姻関係を継続する場合,事実関係を明らかにし,今後の接触禁止を約束させて関係を解消しておく必要があります。当事務所は離婚・男女関係について豊富なノウハウに照らし,だらだらと続く不貞関係を断ち切らせることが可能です。

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず,お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255