不倫妻による子の引渡請求を阻止し、親権を取得して調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・専門職)は、妻Y(30代・女性・無職)が男と不倫し子ども達をないがしろにしたことから、子どもたちを連れて実家に帰ったところ、子の引渡しの申立てをされました。Xさんは、子どもたちを守るため、どのようにすればよいかわからず、当事務所に相談に来られました。

当事務所の活動

当事務所は、詳細な資料をもとにYの行動をつぶさに主張立証し、Yの申立ての却下を求めました。

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、Yの申立てを却下にもちこむことができ、並行してなされた離婚調停にて子どもたちの親権を取得して離婚することができました。

解決のポイント

一般的に、男親が子どもの親権を取って離婚することは大変困難です。

しかし、当事務所は、離婚・親子案件の豊富なノウハウに照らし、どのようにすれば子の引渡請求を阻止できるか、親権を取れるか熟知しており、本件でも、子の引渡請求を阻止し、親権を取ることができました。

お子さんの親権でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。