夫と離婚せずに、夫と不倫相手の関係を解消させた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・会社員)は突然夫から離婚を切り出されて困惑していたところ、夫の携帯電話の履歴から、夫がY(20代・女性・専門職)と不貞関係にあることを知りました。Xさんとしては夫と離婚するつもりはなかったため、Yに慰謝料を請求して夫を諦めてもらいたいと考えましたが、ご自身ではどうすればわからず、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所がYに対し慰謝料を請求したところ、それまで頑なに離婚を希望していた夫の態度が一変しました。夫はXさんに対し、今後は家族を大切にしてYとは二度と接触しないと約束し、その旨記載した誓約書を差し出しました。Xさんは、夫の反省する様子を見て、Yへの慰謝料請求を取り下げ、Yから夫に対し求償がなされないようにすることを決めました

 

当事務所の活動の結果

Yは、夫から別れを告げられたことで不満な様子でしたが、当事務所の求めに応じ、今後一切夫と接触しないこと、接触した場合には違約金を支払うことを約束しました。その結果、Xさんは右内容を記載した合意書を取り交わし、夫とYとの関係を解消させることができました。

解決のポイント

夫が不貞相手に熱を上げてしまっている場合、不貞相手に対する慰謝料請求がきっかけで夫が改心し、関係解消に繋がることがあります。当事務所は豊富なノウハウに照らし、関係解消にかかる合意書を取り交わすことで、その後の不貞の再発を防止することが可能です。

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。