妻の不倫を償わせ、養育費をカットして、協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、妻Y(20代・女性・専業主婦)宛の不審なメールを見て、Yを問い詰めたところ、Yは、不倫を認めて家を出、さらに、数日後に子どもも連れて行きました。

そして、Yは、自身の不倫を棚に上げ、弁護士を通じ、Xさんに残置物の引渡しを求めました。

Xさんは、悩んだ末、お子さんが小さいことから、お子さんの親権は求めないものの、Yにしかるべき償いをさせた上で離婚したいと考え、当事務所に離婚協議(交渉)を依頼しました。

当事務所の活動

当事務所は、Yの代理人の態度などから、本件は強気な交渉が可能であると見抜き、強気に交渉しました。Yは、婚姻費用も請求しましたが、当事務所は、不貞を理由として大幅減額を主張しました。

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、不貞慰謝料相当額の養育費をカットさせる形で、Yと協議離婚することができました。

解決のポイント

当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに基づき、本件が強気な交渉が可能な事案であると見極め、有利な条件での離婚を実現することができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。