家庭内別居中の夫と、住宅を取得して調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・女性・会社員)は、夫であるY(40代・男性・会社員)が警察沙汰になり、それ以降も、お金の使い方について不透明な部分が多く、金銭的な価値観が合わないため離婚したいと考えましたが、離婚にあたり住宅を取得したいと思うものの、どのように話を進めればよいかわからず、当事務所を訪れました。Yには女性の影がありました。

当事務所の活動

当事務所は、交渉を有利に進めるため、Xさんに探偵事務所様を紹介し、Yの不貞調査をしていただきましたが、Yが風俗店で勤務していたことはわかったものの、不貞自体はありませんでした。

次に、当事務所は、離婚調停を申し立てた上で、Yを事務所に呼び、Xさんの離婚意思が固いことをお伝えして、Yの意向を確認したところ、条件次第で離婚に応じるとのことでした。

そこで、当事務所は、XさんがYの住宅と住宅ローンを引き取ることをYに打診し、離婚の条件交渉を行いました

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、お子さんと住み慣れた家を手に入れ、Yに家を明け渡してもらうなどの条件で調停離婚することができました。

解決のポイント

離婚の協議、調停でのポイントは、相手方が離婚に応じるかどうかを見極めることにあります。

当事務所は、Yと交渉の末、当初離婚に乗り気でないように見えたYが実は条件次第で離婚してもよいと考えていることを見抜き、その後は一気呵成に条件を詰め、調停離婚することができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。