不倫した妻と復縁し、不倫相手から慰謝料を取得できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、Y(30代・女性・無職)の不審な行動からYを問い詰めたところ、Yは、Z(30代・男性・無職)との不倫を認めました。そこで、Xさんは、当初、離婚とZに対する慰謝料請求を専門家に依頼するため、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所がZに不貞慰謝料を請求したところ、YがXさんに復縁を求めてきたため、Xさんは、Yが今後不貞しないのであればとYと復縁することにしました。

当事務所の活動の結果

そこで、当事務所は、Yとの間で、今後不貞行為を行った場合の制裁を記載した合意書を作成するとともに、Zとの間で、慰謝料の合意書、公正証書を取り交わしました。

解決のポイント

当事務所は、ご離婚事件を受任後、事情によりご夫婦が復縁することとなった場合は、復縁を応援いたします。その場合、二度と不貞しないなどの合意書を交わすお手伝いをいたします。

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。