オンラインでのご相談にも対応しております。

過度な要求をする妻の要求を退けて、調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・男性・会社員)はY(20代・女性・会社員)と離婚について話し合いをしましたが、相場よりも高い養育費を請求され、また、不貞の事実はないにもかかわらず、不貞があったとして慰謝料を請求されました。Xさんは、これ以上ご自身で交渉しても、Yから過度な要求をされるだけであると考え、何とかしたいと思い、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所がYと交渉を始めようとしたところ、Yも弁護士に依頼し、離婚調停と婚姻費用の調停を申し立ててきました。調停の中で、当事務所は、Yの主張する養育費は相場よりも高いこと、不貞の事実はなく、不貞を前提とする慰謝料の支払いには応じられないと主張しました。

当事務所の活動の結果

その結果、養育費については、相場通りの金額となり、また、不貞を前提とした慰謝料ではなく、早期解決のために数十万円の解決金を支払うという形で、離婚調停を成立させることができました。 また、Xさんは、調停が成立するまでの間、一人で不安を抱えることなく、生活を送ることができました。

解決のポイント

当事者同士の交渉では、相手方が無茶な要求をしてきて、話し合いをするのが難しいことが往々にしてあります。当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、相手方の主張する過度な要求を退けさせ、調停離婚を成立させるという、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。