妻との話し合いに難航していた夫が、実質的に財産分与を受けて協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(50代・男性・会社員)は、Y(40代・女性・会社員)と離婚の話し合いをしていましたが、条件が折り合わず、また、お互いの財産をきちんと確認したうえで財産分与を決めたいと思っていましたが、Yがそれに応じようとしなかったため、ご自身ではこれ以上交渉を続けるのは難しいと考え、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、Yと交渉を始めましたが、当初Yは資料を出すことを渋り、財産分与でお金を支払わないといけないのであれば離婚するつもりはないと言っていました。当事務所は、YがXさんの言っていることに耳を傾けないのは十分に理解ができていないからであると考え、財産分与や養育費などの条件について、Yの主張に対してひとつひとつ丁寧に説明するなど粘り強く交渉を重ねました

当事務所の活動の結果

その結果、Yは、Y名義の財産の資料を提出することに応じ、Xさんに対して財産分与しなければならないということにも納得し、養育費などその他の条件も決めて離婚することに合意しました。

解決のポイント

当事者間での離婚の話し合いがいったんこじれると、お互い感情的になったり、意地になるなどして、話が進まなくなってしまいます。当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、当事者同士では難しいであろう交渉を進め、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。