妻がいる男性との不倫により妊娠し中絶を余儀なくされ、男性から慰謝料を取ることができた解決事例

ご相談

Xさん(20代・女性・会社員)は、妻がいるY(30代・男性・会社員)の子を妊娠したものの、将来を考えると中絶するほかなく、多大な精神的苦痛を被ったことから、Yに慰謝料を請求したいと思いましたが、勇気を出して、お父様と当事務所を訪れました。

当事務所の活動・結果

当事務所は、Xさんが未婚であったこと、今後の妊娠への影響などを主張して、資力の乏しいYと交渉を重ねた結果、分割ながら十分な解決金を取ることができました。

解決のポイント

資力が微妙な相手方との交渉においては、相手方の資力の見極めが解決のポイントとなります。当事務所は、Yとの交渉の中で、Yの資力を見極め、現実的な解決を得ることに成功しました。

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。