不倫の慰謝料を大幅に減額できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、Y(30代・男性・職業不詳)の妻であったZ(30代・女性・職業不詳)と不倫をしてしまいましたが、そのことを知ったYは離婚し、Xさんに対して高額の慰謝料を請求されたため、Xさんは、どのように対応すればよいかわからず、当事務所を訪れました。

Xさんは、大変反省されつつ、Zと不貞行為に及んだ回数が少ない上、ZからすでにYとの婚姻は破綻していると聞いていたため、できるだけ減額してほしいと考えておられました。

ただ、不貞行為時にすでに婚姻関係が破綻していたことを立証するのは困難であるため、交渉が難航する可能性もありました。

当事務所の活動

当事務所は、Zから話を聞くなどしてZには他にもより親密な不倫相手がいたことを突きとめ、Y代理人に対し、他の不倫相手からも慰謝料の支払を得ている可能性を指摘するなどして減額交渉をしました。

当事務所の活動の結果

その結果、当初の請求額を大幅に減額して合意にいたることができました。

解決のポイント

当事務所は、不貞慰謝料の豊富なノウハウに照らし、本件において、Zが他の男と不貞に及んでいる可能性を突き止めた結果、交渉を有利に進めることができました。

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。