不倫を疑う妻からの慰謝料請求を阻止し、調停離婚することができた解決事例

ご相談

Xさん(20代・男性・会社員)は妻Y(20代・女性・無職)から不貞を疑われ、150万円の慰謝料を請求されました。

Xさんは双方の両親を交えて話し合いを試みましたが、Yが全く聞く耳を持たないため、ご自身ではどのようにすればよいかわからず、困り果てて当事務所を訪れました。

 

当事務所の活動

当事務所は、Yの様子からみて、本ケースでは裁判所に調停を申し立てることが早期解決へ繋がると判断しました。

そして調停においてXさんの不貞を否定し、Yに対し不貞の証拠があるのであればこれを提出するよう強く求めました。

当事務所の活動の結果

Yは調停においても不貞の主張を繰り返していましたが、結局証拠の提出はなされず、不貞の主張は次第になされなくなりました。

結果、Xさんは、当面の生活費として少額の解決金を支払うことで合意し、Yと離婚することができました。

解決のポイント

相手方によっては、いきなり調停を申し立てることが早期解決に繋がる場合もあります。

当事務所は離婚に関する豊富なノウハウに照らし、相手方の請求内容や態度に応じて最良の交渉方法を判断することが可能です。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。