オンラインでのご相談にも対応しております。

養育費等の金額について有利に交渉を進め、夫の要求に屈せずに、ご依頼から約1か月で有利な条件で協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(20代・女性・会社員)は、子と共に実家に帰省中、突然、Y(20代・男性・会社員)から離婚を告げられました。その後、Xさんは、ご自身でYとの離婚協議を始めましたが、養育費や財産分与に関して折り合いがつかず、Xさんが何を言ってもYに言いくるめられる状態が続いたことから、不利な条件での離婚に至らないようにしたいと考え、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当職らは、受任後、早急にYと面談して交渉する中で、Yの特徴や考え方の把握に努めました。

Yは、それぞれの離婚条件について、裁判になった場合にはどうなるのかということを気にしており、できる限り早期に協議を終わらせて離婚することを求めていました。

そのことから、当職らは、それぞれの条件面について裁判になった場合の見通し等を詳細に説明して今回の協議で事件を終結させることのメリットを説き、Yの要求のうちXさんが受け入れられる部分、受け入れられない部分を明確にした上で、すぐに回答するように努め、スピーディーな解決につながるような姿勢で交渉に臨みました。

活動の結果

その結果、早期解決を求めるYの考えを逆手にとって、養育費や財産分与の金額面でXさんが当初から求めていた有利な条件が通り、しかも、ご依頼から約1か月という短期間で協議離婚をすることができました。

解決のポイント

離婚条件に関する交渉においては、相手方の特徴や求めていることを的確に把握し、有利な結論を導くために何を交渉材料にし、どのような駆け引きをするかということが重要です。また、早期解決のためには、交渉と交渉の間の時間をできるだけあけないようにすることも重要です。

今回の事案では、これまでの当事務所が培ってきた豊富なノウハウを駆使し、相手方の要求に屈せずに有利な条件で早期に離婚するという依頼者の希望を叶えることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。