オンラインでのご相談にも対応しております。

離婚の理由に納得しないモラハラ夫を説得し、調停離婚できた解決事例

ご相談

 Xさん(40代・女性・会社員)はY(40代・男性・会社員)のモラルハラスメントに耐えかねて家を出ました。XさんはYに離婚を求めましたが、Yは「離婚はXさんの本意ではないはずだ」などと言い、離婚に応じようとしませんでした。Xさんは全く話が通じないYの様子に困り果て、ご自身では手に負えないと考えて当事務所に依頼されました。

当事務所の活動

当事務所はXさんの離婚意思を明らかにするため、離婚調停を申し立てました。調停において、Yは「離婚はXさんの真意ではないはずだ」「Xさんの本心が知りたい」などと主張して、頑なに離婚を拒みましたが、当事務所はさまざまな方法を用いて、離婚がXさんの本心であることを伝えるともに、調停不成立となった場合には訴訟も辞さない意向を示し、Yを説得しました。

当事務所の活動の結果

結果、Yは4回目の期日で復縁を諦め、離婚に応じる意向を示しました。当事務所はが心変わりしないうちに養育費など他の条件についても話を詰め、同期日において離婚調停を成立させることができました。XさんはYとの離婚が成立したことで心が軽くなったと大変お喜びでした。

解決のポイント

モラハラが原因で相手に離婚を切り出す場合、相手が離婚の理由に納得せず、なかなか離婚に応じないことがよくあります。当事務所はこのような例を数多く扱ってきましたので、さまざまな手段を使って相手を説得し、今回も良い結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。