オンラインでのご相談にも対応しております。

復縁を求めて離婚に応じないモラハラ夫と、粘り強く交渉し、調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(50代・女性・会社員)は、夫であるY(50代・男性・会社員)の執拗なモラハラから逃れるため、別居するに至りました。

Xさんは、Yと離婚したいと考えましたが、精神的にご自身で交渉をすることができず、また、Yと離婚をすることができるか不安になり、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、Yが離婚には応じない姿勢だったので、まずは、Yの真意を探ることにしました。すると、Yと交渉していくにつれて、Yの離婚に応じない理由が、Xさんから金銭を取られたくないことであることが分かりました。

そこで、当事務所は、XさんがYに対し、モラハラに対する慰謝料を請求しないことを離婚の交渉材料として利用しました。モラハラは、証拠に乏しく、慰謝料を取れるとしても額もわずかな場合が多いです。そのため、慰謝料請求に固執せずに交渉材料として利用する方針を取りました。

活動の結果

その結果、Yは、Xさんとの離婚に応じ、離婚条件の話し合いに乗ってきました。

そして、Xさんは、Yから養育費をきちんと支払ってもらう旨の取り決めをすることができました。

Xさんは、交渉中、弁護士が代理することにより、直接交渉するという精神的負担がなく、大変喜ばれておられました。

解決のポイント

復縁を求める相手方を、諦めさせることは容易ではありません。

しかし、相手方の真意を探ることにより、他の意図を見つけることは交渉をする上で、重要なことです。

また、請求できるものは全て請求するより、自身が置かれた状況に照らし、請求を維持すべきものと交渉材料として利用するものの取捨選択を適切に行うことは交渉をスムーズに行うために必要不可欠です。

当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、依頼者ができることは可能な限り有効に利用し、相手方の意思を翻意させるなど、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。