妻の移送申立を封じつつ、相当な条件で調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、Y(20代・女性・無職)とYの両親と同居をしていましたが、ご夫婦のいさかいがもとで、Yの両親から家を出ていくよう求められ、どのように対応すればよいかわからず、当事務所に相談に来られました。

当事務所の活動と結果

Yが婚姻費用分担の調停を起こしていたため、当事務所は、同じ裁判所に離婚の調停を起こしました。

Yは移送申立をしてきましたが、当事務所は、これを封じるとともに、Yとの間で、相当な条件で調停離婚を成立させることができました。

 

解決のポイント

当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、相手方の移送申立を封じるとともに、相当な条件で調停離婚を成立させることができました。

相手方が遠方にいるなど、管轄でお困りの場合も、まずは当事務所にご相談ください。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。