頑なに離婚を拒むモラハラ夫を説得し、調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・会社員)はY(30代・男性・会社員)からのモラルハラスメントに耐えかねて、家を出ました。

XさんはYに対し離婚を求めましたがYはこれに応じず、1年にわたり膠着状態が続いていました。

そんな中、Xさんはご友人から当事務所を紹介され、一度相談してみようと思い、当事務所を訪れました。

Xさんは当事務所のアドバイスを受けてYとの交渉を試みましたが、Yの態度は変わらず、挙句の果てにYが仕事を辞めてしまいました。

Xさんは、大ごとにしたくないという気持ちもあり、弁護士に依頼すべいか悩まれましたが、これ以上1人ではどうすることもできないと考え、当事務所へのご依頼を決意されました。

当事務所の活動

当事務所がYと交渉したところ、Yは、Xさんへの愛情と経済的な不安を理由に「裁判で強制的に離婚させられるまでは離婚に応じない」と言い、頑なに離婚を拒みました。

当事務所は、無職のYがXさんに婚姻費用を請求するおそれがあることから、早急に離婚を成立させるべきと判断しました。

そこで、すぐに離婚調停を申し立て、Xさんの離婚意思が固いことを示すとともに、現時点で離婚に応じるのであれば解決金を支払う旨提案し、Yに揺さぶりをかけました。

当事務所の活動の結果

Yはしばらく離婚を拒む様子を見せましたが、3回目の調停でついにXさんとの復縁を諦め、調停離婚に応じました。

これにより、XさんはYへの婚姻費用の支払を回避し、Yと離婚することができました。

Xさんは、Yの態度によっては訴訟提起も覚悟しておられたため、調停段階で離婚が成立したことに対し、大変お喜びの様子でした。

解決のポイント

相手方が離婚を拒む場合、離婚が成立するまでに時間がかかる場合があります。

当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、さまざまな方法で相手方に揺さぶりをかけ、頑なに離婚を拒む相手方への説得を試みることが可能です。

どうぞお気軽にご相談下さい。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。