オンラインでのご相談にも対応しております。

ダブル不倫。提訴により妻の不倫相手から謝罪と慰謝料を引き出した解決事例

ご相談

Xさん(40代、男性、会社員)は、看護師である妻が同じ病院のY(40代、男性、医師)と不倫していることを知り、Yに二度と不倫しないようくぎを刺しました。しかし、その後しばらくたって、妻から不倫関係の清算について相談を受け、水面下で不倫が続いていたことを知りました。
Xさんは、はらわたが煮えくり返る思いでしたが、お子さんのことを考え、離婚はせずに、Yから慰謝料を取りたい思いました。
もっとも、YがXさんの忠告後も不倫を続けた経緯からすると、もはやご自身では手に負えないと考え、当事務所にご相談に来られました。

当事務所の活動

ダブル不倫案件のため、当事務所は、Xさんの妻がYから慰謝料を請求されるおそれがあることをお伝えしましたが、それでもXさん個人としてYから慰謝料を取りたいとのことでしたので、依頼をお受けしました。
当事務所は、Yに文書で慰謝料を請求したところ、Yもすぐ弁護士に依頼し、ダブル不倫を理由に双方の夫婦4者間でのゼロ和解を提案してきましたので、当事務所は迷わずYを提訴しました。

当事務所の活動の結果

その結果、公開法廷での尋問を嫌うYから、謝罪と相場よりも高い慰謝料の支払を内容とする和解案を引き出し、和解することができました。

解決のポイント

当事務所は、不貞案件の豊富なノウハウに照らし、不倫の証拠固めや請求での駆け引きを上手に行うことができたことで、良い解決を得ることができました。
不貞慰謝料請求は、弁護士により結果が異なります。
不貞慰謝料請求をお考えの方は、お気軽に当事務所までご相談ください。

 

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。