子どもとの面会交流を確保して調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は、妻Y(30代・女性・無職)が突然お子さんを連れて別居し、お子さんに会わせてくれないまま、離婚調停と婚姻費用分担調停を起こしてきたため、Xさんは、理由の分からないまま離婚には応じられないし、お子さんにも会いたいと考えましたが、どのようにすればよいかわからず当事務所を訪れました。

当事務所の活動

Xさんは、早くお子さんに会いたい、Yの気持ちが変わるならば復縁したいと考えておられました。しかし、Yはかたくなに離婚を望み、お子さんにもなかなか会わせたがりませんでした。
当事務所は、面会交流の調停を申し立ててお子さんとの面会を求めるとともに、離婚調停の中で、Xさんが一転離婚を容認されたため、Xさんのご意向を踏まえた強気の交渉を行いました。

当事務所の活動の結果

その結果、離婚調停の期間中にお子さんとの面会交流を実現するとともに、養育費や面会交流等、Xさんのご希望どおりの条件で調停離婚することができました。

解決のポイント

当事務所は、離婚案件の豊富なノウハウに照らし、本件では、強気の交渉をするのが得策と判断して調停に臨んだことで、良い結論を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。