子どもとの面会交流を確保して調停離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(30代・男性・会社員)は,妻Y(30代・女性・無職)が突然お子さんを連れて別居し,お子さんに会わせてくれないまま,離婚調停と婚姻費用分担調停を起こしてきたため,Xさんは,理由の分からないまま離婚には応じられないし,お子さんにも会いたいと考えましたが,どのようにすればよいかわからず当事務所を訪れました。

当事務所の活動

Xさんは,早くお子さんに会いたい,Yの気持ちが変わるならば復縁したいと考えておられました。しかし,Yはかたくなに離婚を望み,お子さんにもなかなか会わせたがりませんでした。
当事務所は,面会交流の調停を申し立ててお子さんとの面会を求めるとともに,離婚調停の中で,Xさんが一転離婚を容認されたため,Xさんのご意向を踏まえた強気の交渉を行いました。

当事務所の活動の結果

その結果,離婚調停の期間中にお子さんとの面会交流を実現するとともに,養育費や面会交流等,Xさんのご希望どおりの条件で調停離婚することができました。

解決のポイント

当事務所は,離婚案件の豊富なノウハウに照らし,本件では,強気の交渉をするのが得策と判断して調停に臨んだことで,良い結論を得ることができました。

熟年離婚
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い