• 離婚 弁護士HOME
  • 不倫した夫から900万円の財産分与を受け協議離婚できた解決事例

不倫した夫から900万円の財産分与を受け協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(50代・女性・会社員)は,長年連れ添ってきた夫Y(50代・男性・会社員)とZ(年齢不詳・女性・職業不詳)との不倫メールを発見したため,Yを問い詰め,不倫を認めさせました。
しかし,財産分与などの離婚の条件について,当事者間で話をまとめることができず,迷ったものの,当事務所を訪れました。
Yは,Zをかばい,XさんがZに対し慰謝料を請求するのを嫌がっているとのことでした。
 

当事務所の活動

当事務所は,Yと交渉において,Zに慰謝料を請求しない代わりにXに対し財産分与の点で相当の誠意を示すよう働きかけました。
これと並行して,本件では不動産登記や税金の問題も生じるため,当事務所と協力関係にある司法書士事務所様,税理士事務所様と相談しながら事件を処理しました。
 

当事務所の活動の結果

Yとの交渉の結果,Xさんは,ご夫婦の住宅や生命保険を含め時価900万円近くの財産分与を受けて協議離婚することができました。
また,不動産登記や税金についても,司法書士事務所様や税理士事務所様との連携によりスムーズに処理することができました。
Xさんは,「自分一人では到底このような解決ができなかった」と,大変喜んでおられました。
 

解決のポイント

他士業との連携が取れていない事務所であれば,不動産登記や税金が絡むと,依頼者ご本人に処理してもらうことになるかもしれません。
この点,当事務所は,離婚に不動産の処理や税金の処理が絡むことが多いことを踏まえ,司法書士事務所様,税理士事務所様と協力関係を築いておりますので,そうした離婚に伴う問題が生じても安心です。
 
お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い