モラハラ(モラル・ハラスメント),精神的DVと離婚について

・夫はいつも自分が正しいという態度で接してくる・・

・こちらが無能だと言われ,つい,そうかなと思ってしまう

・言い返しても,結局夫にやり込められてしまう・・

・夫のそばにいるだけで,息が苦しくなる

・夫の世間体はいいので,周囲に問題を訴えてもなかなか分かってもらえない・・

こうしたご相談は少なくありません。
このような夫は,言動の中身にもよりますが,典型的なモラハラ夫といえるでしょう。

モラハラ(モラル・ハラスメント)とは,ご夫婦間に限らず,精神的な暴力や嫌がらせのことで,ご夫婦間では,高学歴・高年収の夫によくみられます。

当事務所でも,夫側と話をしてみると,大変丁重かつ節度のある態度で,一見するとどこが悪い夫なのだろうと思うくらいです(しかし,話をお聞きするうち,その正体が明らかになります。)。

モラハラを受けた奥様は,ときに肉体的な暴力よりも苦痛を受けておられるのですが,モラハラは,以下の理由により,深刻化するまで放置されがちです。

①モラハラ夫は,自分が悪いとは思っていないので,反省するきっかけがない。

②他方,日々モラハラを受けている妻は,もともと自分の方が悪いと考えがちであり,泣き寝入りしやすい。

③モラハラ夫は,往々にして社会的地位が高く,世間体が良いため,周囲にモラハラを理解してもらいにくい。

④モラハラは,肉体的暴力と異なり,あざや骨折など目に見える形で表れにくい。

・夫から日々なじられている

・自分が悪いのでは,と思ってしまう

・夫と一緒の空間にいるだけで苦痛・・

といった方は,きっとモラハラを受けておられます。

ところが,モラハラを受けてしんどいので,何とか離婚したいと弁護士に相談しても,多くの弁護士は,モラハラ案件に積極的に取り組もうとしません。

それは,モラハラが,不貞(不倫)やDVと異なり,性格の不一致として片づけられやすく,言った言わないの水掛け論になりやすいことから,主張立証に手間取ると考えているためです。

しかし,モラハラは,上記のとおり,単なる性格の不一致とは質的に異なります。

また,いくら夫のモラハラを主張し,離婚しようとしても,モラハラ夫は,加害者としての自覚がないので,離婚に応じようとしません。

そこで,夫が離婚に応じるよう,さまざまな方法を採る必要があります。

ここも,弁護士の腕の見せ所です。

この点,当事務所は,モラハラ案件の豊富なノウハウがありますので,モラハラでお困りの方は,お気軽にご相談ください。

ときに法的手段を使いながら,奥様の心の重荷を一つずつ下ろすお手伝いをさせていただきます。

お問い合わせはお気軽に 079-226-9933 「ひいらぎ法律事務所」姫路駅南口から徒歩7分 平日9:00~18:00

養育費の未払い問題 詳しくはこちら 

hiiragi jimushoban.png
※このサイトは 兵庫県姫路市の弁護士法人ひいらぎ法律事務所が運営しています

事務所概要
アクセスはこちら
メールでのご相談受付はこちら
対応エリア
お気に入りに追加するお問い合わせはこちら弁護士と他士業の違い