民事調停で夫の不倫相手から早期に慰謝料を取れた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・パート)は、夫が同じ会社に勤めるY(20代・女性・会社員)と不倫したことから、Yに対し慰謝料を請求したいと考えましたが、どのようにすればよいかわからず、消滅時効完成寸前で当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、急ぎYに慰謝料請求の内容証明を送ったところ、Yの代理人からは、不貞を認めるが、わずかな慰謝料しか支払わないとの回答であったため、Yを相手方として民事調停を申し立てるとともに、第1回期日までに相手方代理人と交渉を行いました。

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、裁判所から調停に代わる決定を得て、早期にYから慰謝料を取ることができました。

解決のポイント

争点が乏しい場合に無駄な期日を重ねることは、お客様の負担になります。当事務所は、不貞慰謝料案件の豊富なノウハウに照らし、第1回期日でほぼ話を付け、事件を早期に解決しました

 

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。