離婚訴訟の控訴審で、離婚慰謝料を大幅カットして和解離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・男性・会社員)は、妻Y(40代・女性・自営)からDV等を理由として離婚訴訟を提起され、第1審はご自身で対応しましたが、裁判所にご自身の主張が聞き入れられず、高額の離婚慰謝料の支払いを伴う離婚判決を受けてしまい、もはやご自身ではどのように対応すればよいかわからないことから、弁護士に依頼することを決意し、当事務所に控訴を依頼しました。

Xさんは、第1審判決について、離婚には異議はないものの、ご自身が悪くないにもかかわらず、高額の離婚慰謝料が認定されたことに納得されておられませんでした。

 

当事務所の対応・結果

当事務所は、すぐさま控訴を申し立て、第1審の慰謝料額が裁判例に照らし根拠に乏しいことを主張した結果、訴訟上の和解により、慰謝料を半額近くと大幅カットすることができました。

解決のポイント

当事務所は、離婚慰謝料に関する豊富なノウハウに照らし、本件において、裁判例に基づき適切な慰謝料を主張した結果、慰謝料の大幅カットに成功しました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。