オンラインでのご相談にも対応しております。

被害者意識の強い、夫の不貞相手から慰謝料を取れた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・パート)は、Y(30代・女性・会社員)がXさんの夫Zの携帯電話を使ってLINEを送ってきたことがきっかけで、夫とYが不貞関係にあることを知りました。Xさんが夫Zを追及したところ、夫Zは不貞を認め、Yとの関係を断つことを約束しました。ところが、夫がYに別れ話を切り出したところ、Yがこれを拒んだため、Xさんは二人の関係をきちんと清算させたいと考え、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所がYと交渉したところ、Yは夫Zと肉体関係があったことは認めたものの、「Zからは、離婚すると聞いていた」「自分は被害者だ」などと主張し、自らの非を認めようとしませんでした。当事務所は、裁判になった場合、Yの主張は通用しないことを根拠資料とともに示し、粘り強く説得しました。

当事務所の活動の結果

結果、Yは自らの非を認め、謝罪条項を盛り込んだ合意書の作成に応じました。XさんはYから相当額の慰謝料をとるとともに、夫Zとの接触禁止を約束させることができましたXさんは、当事務所に依頼してよかったと、お喜びのご様子でした。

解決のポイント

不貞の誘い文句として配偶者との不仲を装うことはよく見られるのですが、それを真に受けた不貞相手が被害感情を抱くことがあります。当事務所は、男女問題に関する豊富なノウハウに照らし、相手方の主張が不相当であることを説明・説得し、最終的に非を認めさせることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。