不倫した夫から慰謝料を取って協議離婚し、不倫相手からも慰謝料を取った解決事例

ご相談

Xさん(50代・女性・無職)は、夫Y(50代・男性・会社員)が不倫相手Z(40代・女性・無職)との間に子をもうけ、認知までしていたことを知り、Yから慰謝料を取って離婚するとともに、Zからも慰謝料を取りたいと考えましたが、ご自身ではどのようにすればよいかわからず、当事務所を訪れました。

 

当事務所の活動・結果

Yはアルコール依存症で仕事を続けるか微妙であり、Zも病気で資力が乏しい状況でした。

YやZは、健康上の理由から慰謝料を支払うことを渋りましたが、当事務所は、資力の有無をしっかり見極め、まずYと粘り強く交渉してご離婚と慰謝料を確保し、その後、Zも説得して慰謝料を取ることができました。

 

解決のポイント

相手方の資力が微妙な案件は、相手方の資力の確認を最優先にする必要があります。

当事務所は、豊富なノウハウに照らし、相手方の資力を見極めつつ、慰謝料の確保に成功しました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。