オンラインでのご相談にも対応しております。

離婚を急ぐ夫と、できる限り有利な条件で協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(40代・女性・会社員)は、Y(40代・男性・経営者)の不倫により夫婦関係が悪くなり、Yから離婚を要求されているところ、できる限り有利な条件であれば離婚をしてもよいと考え、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、Yが離婚を急いでいることに着目し、最大限有利な条件を提示して交渉をすることにしました。その際、慰謝料や養育費などだけでなく、当時、XさんがYの会社の下で働かれていたため、離婚後のXさんの生活も考慮し、居住場所や労働契約などの生活面もしっかりと取り決めるようにしました。

当事務所の活動の結果

その結果、Yは、Xさんの提案をほぼ全面的に飲む形で、協議に応じてきたので、Xさんが希望する内容で協議離婚をすることができました。また、労働条件についても、以前より、Xさんに有利な内容の雇用契約書を作成しました。ご本人様は、調停が精神的に負担がかかるため、絶対に避けたいと思われていたので、Xさんの希望する内容を実現しつつ、協議離婚できたことについて、大変喜ばれておられました。また、居住場所と雇用についても、Xさんに有利な条件できちんと取り決めをすることができたので、離婚後も安心して生活することができます。

解決のポイント

離婚を求められた場合、その理由に着目することは交渉の上で、大事なことです。相手方が離婚を急ぐような理由であれば、こちらに有利な条件を提案することも可能です。その際、相手方に対して、ストレートに理由を聞くのではなく、客観的証拠や取り巻く環境などを考慮して、「なぜ離婚をしたいと思っているのか。」と十分に考えることが重要です。当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、夫が離婚を希望する理由に着目することで、離婚協議書や雇用契約者を取り交わすという、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。