現在,新型コロナ対策として,オンラインでの相談に対応しております。

夫の身勝手な離婚請求を阻止し,やり直しのきっかけを作った解決事例

夫の身勝手な離婚請求を阻止し,やり直しのきっかけを作った解決事例

ご相談

敬虔な宗教家であるXさん(20代・女性・会社員)は,Y(20代・男性・会社員)がXさんの宗教を理解すると約束してくれたことをうれしく思い,Yと婚姻しました。

しかし,婚姻後,Yは,Xさんの宗教に理解を示さなくなるばかりか,Xさんにつらく当たり,他の女性とやりとりをするようになりました。

そこで,Xさんは,Yに苦言を呈したところ,Yは,Xさんと別居するとともに,離婚を切り出し,さらに調停を経て,離婚訴訟を起こしてきたため,Xさんは,ご自身では手に負えないと考え,弁護士事務所を訪れることを決意し,当事務所を訪れました。

Xさんは,Yからそのようなひどい仕打ちを受けても,Yさんに対する愛情は変わらず,きっとYさんとやり直せると信じておられました。
本件において,ほぼ唯一の争点は,離婚原因があるか否かでした。ただ,Xさんにとって,約3年という別居期間の長さがウィークポイントでした。

当事務所の活動

当事務所は,別居期間を主戦場とすることは不利と判断し,Yの努力不足に主戦場を変えて争うこととしました。

当事務所の活動の結果

その結果,第1審で離婚請求棄却の勝訴判決を勝ち取ることができました(本件は,控訴審で,関係修復を試みる方向で和解しました。)

解決のポイント

本件は,別居期間が3年となっており,取扱い方によっては,離婚判決が出てもおかしくありませんでした。

この点,当事務所は,離婚案件の豊富なノウハウに照らし,本件で何を主張すれば勝てるかを見極めて主張した結果,勝訴判決を得ることができました。

また,離婚訴訟においては,夫婦は密室でのやり取りとなりやすく,客観的証拠に乏しい点をどのように扱うかがポイントとなります。
当事務所は,客観的証拠を埋める方法を熟知しておりますので,客観的証拠が乏しい方も,あきらめずにお気軽にご相談いただければと思います。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず,お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255