モラハラ夫と親権や財産分与を争い、調停不成立後の交渉の末、協議離婚できた解決事例

ご相談

Xさん(50代・女性・会社員)は、Y(40代・男性・会社員)のモラハラに長年の間苦しんでおり、Yと離婚をしたいと考えて離婚調停の申立てを行いました。調停中、親権、養育費や財産分与等について争いがあり、一向に話がまとまらないため、当事務所を訪れました。

当事務所の活動

当事務所は、Yとの交渉をするにあたり、Yがなぜ親権を争ってきているのかを探ることにしました。Yと交渉をする中で、Yの本心が親権狙いではなく、財産分与や養育費を少しでも減額したいなどの「お金」であることが分かりました。そこで、「お金」については一旦交渉の場から外し、訴訟も辞さないという態度で、親権を主張しました。

活動の結果

その結果、Yは、親権については早々にあきらめました。Yの意識が親権から財産分与や養育費にシフトをしたところで、財産分与や養育費をしっかりと支払ってもらうよう主張しました。財産分与や養育費に争いが残り、調停は不成立となりましたが、交渉の末、親権、財産分与や養育費をしっかりと取り決めて、Xさんの希望する離婚協議書を取り交わすことができました。また、調停や協議中、Xさんは、モラハラ夫と直接やりとりすることはなく、モラハラ夫によるストレスを感じずに過ごせました。

解決のポイント

相手方の真意を探るということは、交渉をスムーズに進める上で、必要不可欠です。モラハラ夫の真意を見極めずに交渉をしようとしても、言葉巧みに言い逃れをされるなどして、希望する条件に全く応じてもらえません。その結果、モラハラ夫となかなか離婚出来ず、長期にわたり多大なストレスを感じてしまうのが現状です。当事務所は、離婚に関する豊富なノウハウに照らし、交渉方法を工夫することで離婚協議書を取り交わすという、依頼者の希望する結果を得ることができました。

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。