モラハラ夫と協議離婚後、住宅ローンの残るマンションの売却代金と養育費を 取ることができた解決事例

ご相談

Xさん(30代・女性・会社員)は、Y(30代・男性・会社員)によるモラハラに耐え切れずに別居したところ、Yから離婚届を渡されたため、協議離婚しました。Xさんは、養育費の支払と住宅ローンが残る共有のマンションの精算を希望していましたが、ご自身では対応が困難なため、勇気を出して、当事務所に依頼されました。

当事務所の活動

当事務所は、Yにマンションの売却を打診しましたが、Yは、自分が住み続けるとのことでした。そこで、Yに、精算金の支払を求めたところ、Yは、精算金を支払えないとして、売却に応じるとの方針に転じるとともに、マンションの売却代金のうち、Yの取り分を将来の養育費に充てることを求めました

そこで、当事務所は、Yとの間で、マンションの売却や養育費の先取りを盛り込んだ合意書を交わし、合意書に基づいてマンション売却を主導しました。

当事務所の活動の結果

その結果、Xさんは、マンションの売却代金を全部取得して、養育費の大部分を先取りするとともに、残った養育費の支払を受けることに成功しました。

解決のポイント

ご夫婦の離婚の際、住宅ローンが残る不動産の処理は、複雑な法的問題が絡むため、当事者だけでは解決困難です。当事務所は、宅地建物取引士の資格を有する弁護士が在籍し、販売力のある不動産会社様と協力関係にありますので、不動産や住宅ローンの処理に自信があります。

不動産や住宅ローンの処理でお困りの方は、お気軽にご相談ください

>

お気軽にお問い合わせください。



離婚の悩みはしんどいものです。

当事務所は離婚に注力してもうすぐ10年。

一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

秘密は厳守します。


TEL:0120-500-255



※女性無料相談実施中です。